新米ママの気ままな暮らし

初の育児に右往左往しつつ、居心地の良い部屋作りと楽に家事をこなす方法を模索中。

【育児】BLW4週目

今もBLW継続しております。

【4週目にあげた食材】

  • バナナ
  • ごはん
  • だいこん
  • にんじん
  • ささみ
  • とうふ
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • 卵黄
  • ヨーグルト

 f:id:glash:20200204125043j:plain

写真はある日の食事です。左から、ごはん・にんじん・だいこん・ささ身・ブロッコリー

お粥だと手でつかみにくいので、ごはんは軟飯にしてあげています。野菜はバナナくらいの軟らかさに蒸したりゆでたりしてあげています。ささ身はしっかりと火を通して、つかみやすい大きさに割いただけです。食べるというよりは、口に含んで味に慣れてもらうのが目的という感じです。または、吸ってお肉のエキスを摂取してもらうイメージ(笑)

 

4週目では初めて卵黄ヨーグルトをあげてみました。

こちらの本によりますと、たまごは初っ端からオムレツにして手づかみ食べさせているようです。しかし、この本はあくまでも翻訳された物・・・日本の食習慣などに合わせてアレンジされているわけではないんですよね。

元々イギリスではたまごをどのように与え始めるのかわからないので、このまま真似するのは少し怖いなと思いました。 日本では「固ゆでしたゆで卵の黄身を耳かき1さじ分から」などと言われていますし。アレルギー発症するのも怖いですし。

そんなわけで私の場合、たまごに関しては手づかみ食べ離乳法はやめて卵黄を湯で伸ばした物をスプーンで与えることにしました。1回あげたら2~3日あけて、少しずつ量を増やしながら今3回目まで終了したところです。今のところ大丈夫そうです。

 

 

久しぶりにスプーンを使ってみてわかったことがありました。

息子は相変わらずスプーンを口元に持って行っても口を開けてくれないのですが。(卵黄は口を開けた隙をついて食べてもらいました…)スプーンを奪われ「もう好きにしてくれ~」と思いスプーンで遊ぶ息子の様子を見ていると、ふと自分でスプーンの先端をペロペロし始めたんです。衝撃でした・・・ペースト状の食べ物が嫌いなのかと思っていましたが、ただ自分で食べたかっただけなのかな?まあ、スプーンを握らせてすぐに口に運ぶわけではなくて、何度もスプーンを持ちかえて・・・と時間をかけた後に口に運ぶのでスプーンに乗せた物はほとんど落ちてしまっているのですが。

 

 それならと、スプーンにヨーグルトをちょんちょんとつけて渡してみると、自力で舐めることに成功しました。1回舐めて「なんだこれはー!」と顔をしかめてスプーンを口元から離して、またスプーンでしばらく遊んで舐めて味に驚いて・・・を繰り返していました。手づかみで食べにくい食材に関しては、この方法で与えていこうと思います。

 

ただ、柄の長いスプーンだと扱いづらいようです。手元からスプーンの先端が遠いと距離感が掴めないようで、スプーンを舐めようとして目に当たりそうになったりする場面もありました。そこで見つけたのがこの商品。

柄が短くて太さもあって握りやすくなっています。そしてスプーンの表面がデコボコになっているので、ヨーグルトなどが絡みやすくなっているんです。今はこれを使ってあげています。まだ上手に使えなくて、時々柄の方をペロペロしていることもありますが(笑)そのうち、わかるようになってくるかな? 

 

 

そして、とうふのお話。前回は絹ごし豆腐をあげて軟らかすぎて掴めないまま終わってしまったので、今回は木綿豆腐でリベンジしました。木綿豆腐でも力を入れ過ぎてぐちゃっと潰れてしまう部分もありましたが、握りつぶしてしまうことを考慮して少し大きめに切っておくと良さそうです。まだ2回ほどしかあげられていないので、改良しながらやっていこうと思います。ただ、木綿豆腐のデメリットはとてつもなく掃除が大変!拭いても拭いても木綿豆腐の小さなカケラがポロポロと崩れて転がったり、伸びたりするばかりで上手く拭きとれない!まさか木綿豆腐がこんなに掃除が大変になるだなんて思いもしませんでした(笑)それ以降、床には必ず不要な新聞広告を敷いて対策を取っています。

 

 

息子の離乳食の進み具合はとてもゆっくりですが、今後もこのままのやり方でやっていこうと思います。

【育児】BLW2~3週目 慎重派の息子

手づかみ食べ離乳法(BLW)を開始して3週間が経過しました。1週目の様子は前回の日記をご覧ください。

 

glash.hatenablog.com

 

息子ですが、相変わらずほとんど食べません(笑)もちろん、ペースト状の離乳食も食べません!スプーンを口元に持って行くと、口を固く閉ざして、何するの!とでも言いたげな険しい表情でスプーンを遠ざけるようにして、スプーンの中身を覗き込もうとします。

大人が食べている様子は、とっても真剣なまなざしでじーっと見て、これでもかというくらい口をもぐもぐさせているのですが(もちろん口の中には何も入ってません)、食材を前にしても掴んだり握りつぶしたりするだけでなかなか口元まで運ばないんですよね。おもちゃはすぐに口に運ぶのに何で?何が違うんだろ?(笑)

ですが、息子の様子を観察していて気付いたことがいくつかありました。

 

まずは2週目、3週目の食材をご紹介します。(太字は初めて与えた食材)

【2週目】

  • バナナ
  • にんじん
  • ブロッコリー
  • ごはん
  • とうふ
  • もやし
  • ほうれんそう
  • コーン

【3週目】

  • バナナ
  • ごはん
  • にんじん
  • コーン
  • ブロッコリー
  • ほうれんそう
  • ささみ
  • 大根

 

一応少しずつ種類を増やしていってはいるのですが、何せ食べないので意味があるのか?と少し疑問に思ったり・・・(笑)

 

離乳食初期で与える豆腐と言えば「絹ごし豆腐」だと思いますが、(裏ごししやすいからだと思われます)、BLWに関しては木綿豆腐をおすすめします。絹ごし豆腐だと軟らかすぎて掴めません。息子の場合、テーブルをバンバン叩いている最中に手が豆腐に直撃して粉砕されただけでした(笑)そして、勢い良すぎて飛び散りまくる豆腐・・・ボロボロに崩れ手に付いていた豆腐のかけらが、運良く指をしゃぶる時に口の中に少し入ったかなという感じでした。今度、木綿豆腐でリベンジします。

 

もやしは細くて握りにくいようです。数日間与えてみたものの、ほとんど手に取ることなく終了。もう少し指先が上手く動かせるようになってからリベンジとします。

 

2~3週目からパクパク食べてくれるようになるのではないかと思っていたのですが、全くそんな様子はない息子です。しかし、よくよく観察してみて気付いたことがあります。

息子はどうやらとてつもなく慎重派なのではないかということ。

1週目からブロッコリーはよくあげていたのですが、すぐに床にポイッと落していたんですよね。そうやって遊んでいるのかなと思っていたのですが、違ったようで。

先日、真剣な顔をしてブロッコリーを見つめていたんです。そして、人差し指でブロッコリーをつついては手を引っ込めて、つついて手を引っ込めて・・・をひたすら繰り返していました。あまりにも真剣な表情だったので、私も夫も息子に声を掛けることすらできず(笑)数分もの間そんなことを繰り返し、最終的にはいつも通り床にポイッ。

その翌日。いつも通りブロッコリーを目の前に出すと、前日までつつくことしかできなかった息子がブロッコリーを鷲掴みにしてむしり出したんです。この時に初めて気が付きました。

息子は一つ一つの食材を丁寧に真剣に吟味しているのだなと。

そして、翌日には初めて自分でブロッコリーを口まで運んでいました。口に入れた瞬間、すごい顔をしてすぐに出していましたが(笑)

 

全然食べてはくれませんが、息子なりに毎日しっかり学んで成長していることを実感して少し安心しました。慎重派の息子にとっては少しでも早く慣れて安心してもらうことが大事だなと感じたので、できる範囲で朝・夕の1日2回食事の時間を作っています。

 

見慣れない食材は有無を言わさず即床にポイッとしています。きっと、彼の中で「何だこれは!危険だ!」とでも思って捨てているのかなと(笑)今は、ささ身に対してずっとそんな態度でいます(笑)なので、慣れるまで毎日食卓に出し続けていくことが大切なのかなと思って継続中です。

 

大根はささ身ほど拒絶している様子はありません。ごはんと同じで白いからなのか?それとも、にんじんと同じ形状(スティック)に切っているからなのか・・・?よくわかりません(笑)

 

思うように進んではいませんが、息子の様子をしっかりと観察していると息子なりのこだわりが少し見えたような気がします。あまり急かさずに、私もあまり心配せずに、このままのんびり継続していこうと思います。

【育児】BLW始めました

 前回の記事でお話していた離乳食(BLW)についてですが、生後6か月を迎えたので始めてみました。

glash.hatenablog.com

 

生後5か月から10倍粥やペースト状のお野菜を与えてはいたのですが、全く口を開こうとしないかたくなな息子。私にはそれが辛くて辛くて・・・年末年始は離乳食をお休みしていました。

2週間ほどお休みをしていたので、再開してみたら意外と食べたりしないかな~と思って与えてみると、まあなんと変わらず食べてくれない(笑)

こうなったら、手段を変えるしかない!ということでBLWを開始しました。

開始してから約1週間。与えた食材は以下の通りです。

 

興味はあるようで、手を伸ばしてよく触っています。しかし、口元へと運ぶのはまだ上手にできません。特にコーンは小さすぎるようでまだ上手く掴むことができませんでした。バナナも軟らかすぎるようで、握りつぶしてしまいます。ごはんもぐちゃぐちゃに(笑)上手に食べることはできませんが、手に付いたものを少し舐めたりしています。

 

うまく握れたとしても、それを自分の口元まで運ぶという動作もなかなか難しいようです。自分の指ならうまく咥えることができたとしても、手に握ったものとなると、距離感が少し変わりますし。

先日は運よくにんじんを口に運ぶことに成功しました。今はまだ歯もなくてうまく咀嚼ができないので、翌日にはうんちと一緒に原形を留めたまま出てきました。まだ、消化機能も未熟なのでこんなものなのかなと。

 

実際に目で見て色を確認して、匂いを嗅いで、手で触って感触を確かめて・・・という動作を今は何度も繰り返しています。こうやって少しずつ食材を覚えて、軟らかいものは握りすぎると潰れるんだななどと学んで指先の動かし方も覚えていってくれたらいいなと思います。

 

 

実際にBLWをやってみて思ったことは、準備がとてつもなく楽!そして、食事の時間が楽しいです。軟らかく茹でた野菜を裏ごしして・・・などの手間がかからないので、私の中で離乳食のハードルがうんと下がりました。

そして、食事の時間は従来の離乳食の方法(ペースト状の食材をスプーンで与える方法)だと、食べてくれなくて悲しくて、スプーンをはたかれ食材が飛び散って、泣きわめかれて辛くて・・・という具合でした。

今は、私は自分のごはんを自分のペースで食べながら、子どもは目の前の食材を握ったり舐めてみたりと自分のペースで学びながら。という具合なので辛い思いをすることはありません。子供が手に握っている食材と同じ食材を私が目の前で食べて見せて、「美味しいね」と話し掛けながら、食事は楽しいんだということを感じてもらえたらと思っています。

 

反対に、BLWをやってみて大変だったことは、後片付けですね。手も洋服もテーブルもべちゃべちゃになってしまうので。特にごはんは、あらゆるところに米粒が飛び散り、ベタベタとなすりつけられて、後片付けが大変になります(笑)

が、子どもが食材について大いに学んでくれた証しだと思うので、離乳食の準備(食材を裏ごしする作業等)に比べれば、それほど苦ではありません。

 

以上、私の個人的な感想です。

日本ではあまり馴染みのない方法ではありますが、ペースト状の食事を嫌がる息子にはこのやり方が合っていると感じるのでこの方法を継続していこうと思っています。

 

BLWを始めるにあたり参考にしたのはこちらの本です。