新米ママの気ままな暮らし

初の育児に右往左往しつつ、居心地の良い部屋作りと楽に家事をこなす方法を模索中。

子どもと別寝室にした結果

生後9か月の子どもと別寝室にして5日ほどが経過しました。

別寝室導入の経緯等は前回の日記をどうぞ。

glash.hatenablog.com

 

やはり夜中に1回はミルクをあげる必要がありますが、それでも一緒に寝ていた時に比べて精神的に楽になりました。

 

夜間、赤ちゃんはミルクを欲しがるとき以外にも泣くことがあります。もちろん、暑いとか、寒いとか、環境が不快で泣くこともあります。でも、意外と多いのが「寝言泣き」なのだそう。大人も寝ている間に寝言を言っていることがありますよね。これと同じで赤ちゃんも夢の中で泣いたりしているのだとか。寝言と同じということは、本当は寝ている状態なわけで。赤ちゃんが泣いたからといって抱っこをしてしまうことで、寝ていたのにわざわざ覚醒させてしまう。こうやって無理に起こされる赤ちゃんはどんどん睡眠のリズムを崩してしまって、夜中に何度も起きたり昼夜逆転したりということに繋がって行くのだとか。

そうならないためにも、夜中に泣いてもすぐに抱っこせずに数分間様子を見て本当に泣いているのか、寝言泣きなのか観察することが大事なのだそうです。

 これらのことは、こちらの本から学びました。

 

 しかし。

泣いてもすぐに対応してはダメだと理解はしたのですが、それを実践するのが難しいんですよね。夜中に真横で泣かれてしまうと、もう体が勝手に反応してしまうんですよね。条件反射。

 泣き声を聞いていると、何もせずに待つ・観察するということが私にはなかなか難しくて・・・もう1秒でも早く泣きやんで欲しいという気持ちが勝ってしまうんですよね。それが子どものためにはならないと本で学んだはずなのに。泣いてる我が子が気になって仕方ないという、ほんと単なる親のエゴですよね。

 

ところが。

別寝室にしてからは、子どもの泣き声が聞こえてきてもまずは様子を伺うことができるようになりました。

あ、泣いてるなー。お腹空いたかなー。今何時だろー。前回のミルクから〇時間くらいかー。どうかなー。んー、泣き声が大きくなってきたなー。これは本当にお腹空いてそうだな。よし行くか。

という具合に。

待つ、ということができるようになってから気付いたのですが、今の我が子は夜中に1~2回寝言泣きしている状態です。月齢やその子の成長発達の程度によって個人差はあるようです。

別寝室にする直前までは夜中に2回程度ミルクをあげていました。正直、「あれ、これは寝ぼけてるのかな?」と思うことも何度かありました。その時は寝言泣きだったんでしょうね。きっと息子も毎晩夜中に突然起こされて不快だっただろうなと思います。

 

子どもと別寝室にしたことで、泣いた子どもにすぐに対応してあげることが必ずしもいいわけではないことがよくわかりました。本を読んで理解はしていたつもりですが、やっぱり身をもって経験することで十分に納得できたように思います。

 

これからは、別寝室で親子ともに良い睡眠をとっていけたらなと思います。

贅沢ひとり時間

私たちが住む社宅の部屋は最上階。このフロアーには私たち家族だけなのでお隣りさんはいません。もちろん、最上階なので上にもいません。そして、昨日階下のご家族がお引っ越しをされたので下にもいません。

 

これを機に、息子をひとりでおねんねさせてみることにしました。夜中に多少泣いたとしても迷惑になるご近所さんがいないので、試してみるいい機会だと思った次第です。

 

息子の部屋はリビング続きの和室。これまでは私も一緒に和室で寝て、夫は和室のすぐ横のリビングで寝ていました。息子が泣き出したら、夫がミルクを作りに行って、私がその間に息子をあやして・・・という態勢でこれまでやってきました。そして時々、夫が仕事で朝早い時などに、夫は自室で寝て私一人で夜間の息子の対応をしたりだとか。

 

しかし、先日私一人だけで寝室で寝たときのあの解放感といいますか、とにかく心地よくて。これまでは家族の就寝時間に合わせて何となく寝ていましたが、一人で寝室にこもることができるとベッドの上で好きなだけ自分の時間が持てるということがとてつもなく嬉しくて・・・!!!!!

この至福の時間が毎日あったら素敵だ!ということで夫に相談。

試しにみんな一人で寝てみようということで、昨日初めてやってみました。

 

f:id:glash:20200430235615j:plain

 

結論から申し上げますと、もう本当に最高でした。

 

まずはいつも通り息子が和室で入眠。その間、私たち夫婦はリビングでのんびり過ごします。息子が寝たことを確認して、私たちも就寝準備。私は寝室、夫は自室へ。あとの時間は自分一人の贅沢な時間!

 

夜中に一度息子が泣いてミルクをあげました。ミルクを飲んだらすぐ寝たので、私も寝室に戻ってまた眠りにつきました。朝6時くらいに一瞬息子が泣きましたがすぐに泣き止んで。そうすると、部屋の中で遊びまわっているような音が聞こえてきたので、まあ大丈夫かなと思って私は二度寝(笑)

 

次に目が覚めたのは7時半。夫が活動開始した音で目が覚めました。結局私が起き上がったのは8時。夫と息子はベランダで日光浴中でした。ぐーたらママでごめんなさい。

夫が7時半に息子の部屋を覗くと、もうすでに部屋で一人で遊んでいたとのことでした。おそらく6時から遊び続けていたのかな?

 

でも、各々が自分の好きな時間に活動を開始できるって、こんな贅沢ないです。

 

息子と一緒に寝ていた時は、息子は早朝から遊び始めて、でも私はまだ寝ていたくて。私が横にいるもんだから、息子は私の髪を引っ張ったり、体に乗ってきたりして、少しも寝かせてくれなくて。毎日それがストレスでした。

でも、よく考えると息子は早朝から遊び始めたとしても、いつも決して泣かずに一人ご機嫌で遊んでいたんですよね。今朝、一瞬泣いたのはおそらく朝起きたら誰もいなくてビックリしてしまったのかなと。これまでは必ず誰かがそばについていたので。

それならもう、機嫌がいいなら息子の好きに遊ばせてあげていいかなと。もちろん、危険のないように環境を整えることは必須ですが。息子の部屋には家具類を一切置いていませんし、コードなどの配線も壁の高いところを這わせているのでその点は大丈夫かな。

 

いくら家族と言えども、ずっと一緒にいるのは大変ですよね。意識して一人の時間を作って、一人の時間を充実させて自分の心を満たしたら、家族との時間もうんと楽しめる気がします。一人の時間と家族の時間のメリハリがつけば、家族との時間をより一層大事に思えそうですし。

 

長い外出自粛生活を続けて思ったことは、まずは自分で自分自身を満たしてあげることが大切だなと。そうすれば、いつも機嫌よく過ごすことができます。すると、常に一緒にいる家族にとっても、居心地の良い空間になるわけで。

家が居心地悪いと、外出自粛というだけでストレスなのに、更にストレスが増悪しちゃいますもんね。

 

ひとりの時間を楽しんで、家族との時間も楽しんで、家の中をどんどん居心地の良い空間にしていこうと思います!

ペーパークラフトはじめました

ずっとずっと家にこもっていると、もう何をしたらいいのかもわからなくて、無駄にスマホやパソコンをいじってダラダラと過ごしがち・・・

これは良くないなあと思いまして、おうち時間をうまく活用する方法を調べていましたら、とある場所に辿り着きました。

 

Canonのクリエイティブパークという公式サイト。

 

なんとまあ、ペーパークラフトなどの素材が無料でダウンロードできちゃうんです!家にプリンターがあれば、簡単に遊べちゃう!おまけに、コンテンツが充実してる!これはすごいぞ・・・

 

ということで、早速やってみました。

今回私は息子の初節句も近いということで、こいのぼりを作ることにしました。

まずは、手順書と素材をダウンロードして印刷。

f:id:glash:20200429231005j:plain

素材をハサミでチョキチョキと切り抜きまして・・・

手順書通りに組み立てて完成!

f:id:glash:20200429231304j:plain

思っていた以上に可愛い出来栄え!

おまけに、きちんとしたボックスになっています。

f:id:glash:20200429231434j:plain

ハサミで切って組み立てるまで、約30分くらいでしょうか。サクサクッと完成しました。

これなら、少し難易度を上げても大丈夫そう。

何と言っても、集中して取り組んでいる時間が楽しいです。あっという間に時間が過ぎます。そして、完成した時の達成感!外出自粛生活で達成感を味わうことなんて、なかなかありませんからね。これはすごく嬉しいです。

 

f:id:glash:20200429232327j:plain

そんなわけで、他にもいろいろ作ってみようと思いまして、気になるものを片っ端から印刷してみました。

息子の初節句ですが、外出自粛中なので両家のみんなでお祝いすることができないので、自宅でこじんまりお祝いするための飾りを作ることにしました。

 

そして、こちらが第二弾。

f:id:glash:20200429231930j:plain

本格的なこいのぼり。

これもサクッと完成しました。2時間くらいだったかな?黄色の支柱も全部紙ですよ。ペラペラの紙がこんなに立体的になるのが楽しくて楽しくて。細部まですごくこだわっているのが、これまた良いんですよ。こいのぼりのヒレの部分、あれも小さなパーツを切ってわざわざ貼り付けてあるんです。この写真では背面部分は見えませんが、もちろん左右ともにあります。

 

これはもう何でも作れそうだ!と調子に乗った私は、こんなものも作ってしまいました。

第三弾はこちら。

f:id:glash:20200429232948j:plain

これ、横幅約30cm、高さ約25cmもあります。A4用紙23枚分のパーツを全て切り抜き、組み立てること約12時間(笑)

 

いやー、これは作り甲斐がありました。達成感がものすごいです。楽しいです。こんなに時間がかかりましたが、半分以上は切る作業なんですよね。組み立ては意外とサクサクできちゃうんですよ。切るのが大変!何せ細部までこだわっているので、小さいパーツやら複雑で細かい模様のパーツが結構ありまして。作製時間の7割くらいは切る作業と言っても過言ではないかと。

 

それにしても、これらの素材が無料で提供されていることが本当に驚きです!また、その作品数がとても多いんですよ!どれを作ろうか迷ってしまうくらいです。息子がもう少し大きくなったら、一緒に作って遊びたいな~というものばかり。暇を持て余している方、子どもと何して遊ぼうかと悩んでいる方、おすすめです。

 

子どもの日までもう少し時間があるので、私もまだまだいろんなものを作ってみようと思います。